Blog

C#の省略形

こんにちは、『リヴリーアイランド』クライアント開発のAです。

 

おかげさまで、7/15(木)に『リヴリーアイランド』をリリースすることができました。

まだインストールされていない方、よかったら是非インストールして遊んでみてください。

 

『リヴリーアイランド』についてはこちらから!

リヴリーアイランド公式HP

 

今回はC#を使い始めた方向けに、便利な省略形4個をご紹介したいと思います。

 

三項演算子

 

  1. var text = “”;
  2. if (isOn)
  3. {
  4.    text = “ON”;
  5. }
  6. else
  7. {
  8.    text = “OFF”;
  9. }

 

 

上記を三項演算子で書くと下記になります。

  1. var text = isOn ? “ON” : “OFF”;

 

 

null合体演算子

  1. var text = “”;
  2. if (player == null)
  3. {
  4.    text = “未登録”;
  5. }
  6. else
  7. {
  8.    text = player.name;
  9. }

 

上記をnull合体演算子で書くと下記になります。

  1. var text = player.name ?? “未登録”;

 

 

null合体割り当て演算子

  1. if (list == null)
  2. {
  3.    list = new List<player>();
  4. }

 

上記をnull合体割り当て演算子で書くと下記になります。

  1. list ??= new List<player>();

 

 

null条件演算子

  1. if (player == null)
  2. {
  3.    text = null;
  4. }
  5. else
  6. {
  7.    text = player.name;
  8. }

 

上記をnull条件演算子で書くと下記になります。

  1. text = player?.name;

 

 

さいごに

 

このように省略形を使うとコードをすっきりさせることができます。

ただし、なんでもかんでも省略すればいいというわけではないため、可読性を損なわないよう注意して使ってみてください。

 


 

ココネでは一緒に働く仲間を募集中です。

ご興味のある方は、以下のリンクから是非ご応募ください。

 

ココネ株式会社 採用情報

Category

Tag

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。