Culture

ココネのエンジニアは
一人ひとりがよりお客様を理解しながら、
サービス思考を持って事業に貢献していく。

目標志向

事業の成功は美学を追求するだけではなく、時間との戦いである

目標に向けて適切タイミングを逃さないバランス意識を持つ

成長志向

成長とは以前より品質が高く効率よくアウトプットできること

ジュニアからシニアへの成長とはより開発力の「優位性」を持つこと

チャレンジ

新しい分野・新しい技術へのチャレンジを恐れない

コミュニーケーション

積極的にコミュニケーションが行えるエンジニア

明確なドキュメンテーション作成能力と共有能力

できない理由を説明するのではなく、どうすればできるかを一緒に悩んで提案する

リーダーシップ

目の前の事だけでなく、先を見据えてリードすること

チームの目標を成功に導くために、エンジニアが率先してリードすること

〜ココネエンジニアリングの組織文化〜

事業優先・対応の柔軟性

基本的には事業部に所属したうえ、
他職種とチームでチームワークを組んで事業目標を大事とする

また、横断チームも事業に繋がる・関わることの意識する事を大事とする

チームワーク

基本的に1人だけで完結する仕事はない

積極的に話し合い、同僚を尊重し、
プロとして仕事をスムーズに行えるような環境を大事とする

多様性

年控除例がなく、国籍や出身を問わず、専門分野を持つ仲間を尊重する

Activity

課題をヒアリング

課題をヒアリング

開発部門では、改善すべき組織的な課題を定期的に集めて、改善を重ねていきます。

横つながりの強化

横つながりの強化

月1回、開発共有会と開発者からの技術発表セッションを設けています。

開発マガジンポータルとして、月1回発行して共有しております。

他職種のエンジニアと交流できる様に、月1回の開発飲みニケーションを実施しております。

エンジニアをワクワクさせる企画

エンジニアをワクワクさせる企画

キーボードやディスプレイの配布など、エンジニアのモチベーションやパフォーマンスを上げる為、必要と思われる仕事道具の導入を心掛けています。

Vision

メタバース規模のサービス展開

CCPジャンルの優位性を持って更なる事業性の拡張

より大きい世界観を持つメタバースサービスへ本格的に展開

大容量・大規模をカバーするコンテンツへのチャレンジ

多言語・他国展開の経験を生かした更なるグローバルのチャレンジ

新技術の導入

配信アプリを始めとした、新しい分野に必要な技術を取り入れる姿勢

技術トレンドを追いつつ、最適な言語をメインサービスに導入

ブロックチェーンなどの新しい技術を用いたサービスへのチャレンジ

大容量・大規模サービスへのチャレンジ

大容量・大規模
サービスへのチャレンジ

新技術へのチャレンジ

新技術への
チャレンジ

cocone engineering